宮城県大崎市古川 三塚歯科クリニック・一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科


矯正歯科治療(不正咬合)

悪い歯並びは、人によってすべて違いますが、出っ歯、受け口、乱杭歯、八重歯などが一般的な症状です。これらは、見た目が悪いだけでなく、かみ合わせが悪いため、健康上さまざまな影響が出てくる可能性があります。 問題のある歯並びを放置しおくと、以下のようなデメリットが生じる事があります。

歯並びが悪いためのデメリット

  • 歯並びの悪さがコンプレックスにつながり、人前で笑う(=歯を見せる)ことができなくなってしまう。
  • 歯磨きが行き届かなくなり、むし歯や歯周病になりやすい。
  • かみ合わせが悪いため食べ物を良くかめず、胃腸に障害を起こすことがある。
  • かみ合わせが悪いため歯に無理な力がかかり、むし歯でもないのに歯がしみたり、かむと痛いなどの障害を起こすことがある。
  • 歯の並びは発音にも影響するため、正しい発音ができなくなる。

咬合誘導

大人の歯並びを直していくことは可能ですが、痛みが出たり、後戻り(前の状態に戻ってしまうこと)が生じたりと、なかなか難しい治療です。当クリニックではお子様の歯の成長を考え、早期に治療を開始し、骨の成長コントロールを行なうことにより自然な歯並びを得られるように配慮した矯正治療(咬合誘導)を行なっております。そしてなるべく永久歯は抜かずにすませるよう心がけた治療を行なっています。

主な矯正装置

エッジワイズ装置
(メタルブラケット)

拡大床

急速拡大装置

エッジワイズ装置写真 拡大床写真 休息拡大装置写真

叢生(そうせい)

治療前

 

治療後

叢生治療前写真 矢印 叢生治療後写真

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎(うわあご)の骨が前後的に大きい場合、あるいは大きさは普通でも上顎の骨が頭の骨に対して前方に位置する場合生じる不正咬合です。また、前歯の傾斜によっても生じる場合があります。
「指しゃぶり」「うつぶせ寝」や「下唇を前歯ではさむ」といった習慣が原因となって上顎前突になる場合があります。

治療前

 

治療後

上顎前突治療前写真 矢印 上顎前突治療後写真
上顎前突治療前写真   上顎前突治療後写真

下顎前突(かがくぜんとつ)

上顎(うわあご)や下顎(したあご)の位置や大きさの不調和が著しい場合には、外科的処置によって上下の顎の位置関係やかみ合わせを改善します。上顎の前歯を内側から押すことにより、前歯の関係が改善できる場合もあります。

治療前   治療後
下顎前突治療前写真 下顎前突治療後写真
下顎前突治療前写真   下顎前突治療後写真

開咬(かいこう)

「指しゃぶり」や「舌を前歯ではさむ」といった習慣、あるいは「おしゃぶり」が原因となって開咬になる場合があります。

治療前

 

治療後

開咬治療前写真 矢印 開咬治療後写真

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせを挙げるために、症例に応じて、咬合挙上板やエッジワイズ装置をもちいて治療を行います。前歯の噛み合わせが深いため、治療前には下の前歯がよく見えません。

治療前

 

治療後

過蓋咬合治療前写真 過蓋咬合治療後写真
 
 

 


      お問合わせ・ご相談は
  0229228211
  
 三塚歯科クリニック
 〒989-6143
 大崎市古川中里5-14-24